新潟三越 NIIGATA MITSUKOSHI 新潟三越TOP MICARD エムアイ友の会 お問合せ 新潟三越TOP

催物のご案内 アクセスマップ フロアガイド ブランド検索 レストランガイド

6F「ライフスタイル・エッセンスフロア」〈J.スピリッツ〉

6階フロアのアイコン的売場となる〈J.スピリッツ〉
「21世紀の用の美」をコンセプトに日本の素材・手仕事・デザイン、そして現代の暮らしに合うアイテムを取り揃え、ご紹介します。地元、新潟からも世界に誇るアイテムをご提案します。

※価格は予告なしに改定される場合がありますので、詳しくは係員にお問い合わせ下さい。
※画像はイメージです。

※価格はすべて税込です。

〈J.スピリッツ〉EVENTスケジュール
■6月5日(水)〜17日(月) 〈公長齋小菅〉竹と花のくらし展
■6月12日(水)〜17日(月) 〈治郎窯 守轆炎〉
■6月12日(水)〜17日(月) 〈高田耕造商店〉棕櫚たわし販売会
■6月19日(水)〜24日(月) 〈小林恵〉夏を迎え入れるうつわ展
■6月22日(土)〜27日(木) 〈銀座ひねりや〉夏の衣 小千谷縮
〈公長齋小菅〉竹と花のくらし展 ■6月5日(水)〜17日(月)
※最終日午後4時閉場
1898年創業の竹工芸の老舗“公長齋小菅”『伝統は革新の連続』の創作理念のもと、常に新鮮なモノ・コトを生み出し、竹の本当の魅力を伝え続けています。 素朴で気兼ねなくお使いいただける道具のコレクションをご紹介いたします。
〈治郎窯 守轆炎〉 ■6月12日(水)〜17日(月)
※最終日午後4時閉場
日本美術年鑑に登録されている守轆炎の作品をご紹介いたします。千葉県習志野市に窯を持ち、多様な技術を用い自作の粘土や釉薬で製作。
日常で使える器や花器を多数ご紹介いたします。
〈高田耕造商店〉棕櫚たわし販売会
■6月12日(水)〜17日(月)
※最終日午後4時閉場
高田耕造商店は、日本のたわし専門店です。

暮らしに寄り添う商品を送り出してきました。
和歌山産の棕櫚繊維を厳選し、職人がひとつひとつ生み出すたわし。
野菜や体にも使えるほどやさしく、吸いつくような気持ち良い肌ざわりです。
〈小林恵〉夏を迎え入れるうつわ展
■6月19日(水)〜24日(月)
※最終日午後4時閉場
三条市に〈陶芸工房ラ・プエルタ〉を設立・スペイン陶芸留学の経験を活かした、西欧と和の融合した作品を製作。
オリジナルの釉薬と顔料を使用した色鮮やかで可愛らしい器や陶画をご紹介いたします。
〈銀座ひねりや〉夏の衣 小千谷縮 ■6月22日(土)〜27日(木)
※最終日午後4時閉場
麻100%の天然素材の心地よい肌触りで、羽根のように軽い着心地の小千谷縮。日本の自然を利用してできた織物は、夏に袖を通すと小千谷の冷気を含んだようなさらりとした涼感があります。
新潟のジメジメした暑い夏にぴったりのお洋服を是非一度ご覧ください。
▲ページトップへ戻る
フロムニイガタ 日本の手仕事
フロムニイガタ
〈玉川堂〉 百年物語
創業は文化13年(1816年)、現在無形文化財指定。
「鎚」で打ち「起」こしながら銅の器を創り上げていく
「鎚起銅器」。銅を叩いて伸ばすのではなく、叩きなが
ら縮めていくことで器へと成型し、強くします。
銅に多彩な着色を施す技法は世界中でも玉川堂だけ
の技法です。燕で受け継がれた、優れた技。
お茶や冷酒なども口あたりがよくまろやかになります。
「100年後も大切にしていきたい生活文化を楽しみ、維持し、
継承していくための道具」をテーマに新潟の優れた製品を
ご紹介。
プロフェッショナルモデルのつめ切り
爪切り本来の「切る」機能を研ぎ澄ますために、素材と熟練した職人の手仕上げにこだわったネイルニッパー。機能本位の美しいフォルムで、爪の形にカーブした刃は巻き爪や変形した爪のお手入れも可能です。ネイルアーティストや病院関係者、そして一般のご家庭でも使いやすい繊細な職人仕上げの逸品です。
〈諏訪田製作所〉
ミラータイプ 16,200
クラシック(L) 7,020
〈F/style〉
犬がモチーフのHOUSE DOGGY MAT。
ベースは麻のループ織り。ウールで織られているイヌの部分が立体的に浮き上がっているのが特徴で、とってもかわいいマットです。月山毯通の織の技術により素材別の 高低差のあるカタチが可能となりました。玄関マット、愛犬の室内用マットなど幅広くご使用いただけます。
〈F/style〉DOGマット(500×680mm、全7色)
10,800
〈ao〉
”洗いざらし”の良さを感じるガーゼのブラウス。このガーゼはニットそのものの柔らかさをいかして織られた、こだわりの生地です。そのガーゼを使って、糸魚川の県内工場でていねいに縫製され完成します。定番商品が多い「ao」の中でも、人気のあるレースブラウス。ほかにはない軽くて肌触りの良さを、ぜひ一度お試し下さい。
〈ao〉レースブラウス
日本の手仕事
〈南部鉄器〉
南部鉄器を現代の生活様式に
近年、キッチンアイテムとして再び注目を浴びる南部鉄器。
正しく手入れを行えば、末永く愛用できる耐久性を誇ります。
「たまごのこ」と愛らしい名前の急須は、内部を錆びにくい
ように、ホーロー加工を施し、保温性にも優れています。
表面の仕上げも今までの南部鉄器にない斬新さです。
2000年には「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」ショップ
に展示されるなど、デザインにおいても評価を得る逸品です。
〈NANBU IRON STUDIO ROJI〉
急須「たまごのこ木蓋」
(本体:南部鉄、0.4L、蓋:南洋材)
12,960
▲ページトップへ戻る
Copyright 2002-2019 Niigata Mitsukoshi. All rights reserved